TEL:042-646-1127
English
中文
総合カタログ
お問い合わせ
総合カタログ
TEL:042-646-1127

擬似太陽光照明の維持費(電気代)

今回はコラムのような書き方をしてみます。

擬似太陽光照明SOL-100-01D06

SOL-600-01T05を代表とする弊社の擬似太陽光照明
お客様は太陽光をお金を出して買っているとも言えます。

仮にですが、農作物の生育に擬似太陽光照明を使う場合
作物の売値より諸費用がかかってしまってはマイナスです。

そこで簡単に電気代を計算してみました。

製品型式 およその消費電力(W/h) ① 12時間での電気代 ② 1週間での電気代 ③ 1か月での電気代 ④ 1年間の電気代
ハロゲンランプ(例) 320 69.2円 483.8円 2,072円 25,228円
SOL-600-01T05 160 34.6円 241.9円 1,036円 12,614円
SOL-100-01D05 65 21.1円 147.4円 631円 7,686円

※27円/kWhで計算(全国家庭電気製品公正取引協議会が設定する目安)

いかがでしょうか?
ハロゲンランプは参考です。ワッテージによります。
弊社のこの2機種は高照度を意識した設計なのでLEDにしては消費電力が高いと思います。

次はどのくらいの範囲を、どのくらいの照度で照らせるかを考えます。
SOL-600-01T05はレンズを装備しているので、照射距離(照明から対象までの距離)に対しての照射範囲と照度が出ます。
 1m先で 直径36cmの範囲内を 16000~32000lux程度 で照らす事ができます。
 2m先で 直径76cmの範囲内を 4300~8700lux程度  で照らす事ができます。
 3m先で 直径118cmの範囲内を 2000~4000lux程度 で照らす事ができます。

リーフレタスを育てると仮定すると
・光補償点が2,000 lux程度 ※1
・光飽和点が30,000~40,000 lux程度 ※2
・生育期間は3か月程度(発芽は4,5日)
・株間は30cm程度
という事なので、SOL-600-01T05を使って2m先から照らす事とします。
5株くらいは行けそうです。

それで計算すると・・・
電気代だけで3108円、1株当たり621円!
う~む、高い!

SOL-600-01T05は農作物の生育用途で設計されたわけではないので
どうやら対応するにはアレンジが必要なようです。

実は植物等の生育向けに設計したランプユニットも製造しています。
ベースはこれです
TSLSシリーズ

カスタム・アレンジ承っております。
お気軽にお問い合わせください。

※1 光補償点:植物が光合成をするときに排出する酸素と、吸収する 二酸化炭素との出入りが完全に釣り合うときの光の強さ
米2 光飽和点:植物の光合成する時の速度が速くなる限界点での光の強さ

関連記事

  1. 【修理】齢25のシャッター試験機

  2. お持ちの透過チャートの適合表

  3. 正確な明るさで発光するとは!?【動画】

  4. 数m離れた距離で広い範囲を照らす。照明システム

  5. 【技術全般】姿勢測定に対応させるカスタム

  6. 【技術情報】TOFセンサ評価に関わる資料をまとめました。