TEL:042-646-1127
English
中文
お問い合わせ
TEL:042-646-1127

硫酸バリウムに代わるシリコーン塗装積分球

積分球と言えば、硫酸バリウム塗装ですが
この硫酸バリウムは反射率が優れている替わりに
・塗装に工数がかかる(コスト増)
・直接触れることができない(清掃が難しい)
・割れが発生する場合がある
・温度を振ることができない(温度環境試験に不向き)

といったデメリットがありました。
これを高反射率のシリコーン塗装とすることで上記のデメリットを克服した積分球が製作可能となりました。

この積分球は製品の一部として弊社で使用するだけでなく
半球を1つの部品として、組み立てキット扱いで販売を予定しています。

欲しい形状の積分球を半カスタムで製作可能です。
本日1/29(水)から東京ビッグサイトで開催されるLED JAPAN
トプコンテクノハウス様のブースにて先行でサンプル展示をして頂きます。

弊社としては2/27(木)からパシフィコ横浜で開催されるCP+にて展示致します。

間近で見ると硫酸バリウム塗装の積分球と見分けのつかない出来です。
是非実物を見に展示会場へお越しください。

関連記事

  1. 全てを見直してゼロから作った新型輝度箱

  2. 【新製品】小型加振台 シフト方向