TEL:042-646-1127
English
中文
お問い合わせ
TEL:042-646-1127

球面収差測定器 LSA-2

  • レンズの球面収差を自動測定する
  • 相対的焦点位置の測定も可能
  • ユーザーの測定レンズに合わせて仕様変更可能
  • 高解像度CMOSカメラによる画像処理
  • PCにて簡単に設定制御データ処理

お気に入り登録する

型式 LSA-2
光源 ハロゲン
センサ CMOSカメラ
ピンホール 交換式ピンホールチャート(直径0.1mm, 0.2mm, 0.5mm, 1.0mm)
コリメータ光学系 コリメータレンズ 直径 120 [mm]
f = 2,250 [mm]
被検査対象 カメラレンズ (f=20 - 500 [mm], 最大 F5.6)
測定項目 ・球面収差
・焦点距離
測定範囲 ±15 [mm]
測定方式 CMOS カメラによる画像処理
シャックハルトマン法による球面収差測定
表示・操作 専用PCソフトウェア操作
対応OS Windows7
チャート 交換式スポット板(穴径0.5mm, 1mm, 2mm, 5mm, 8mm, 10mm)
電源電圧 AC100 50/60Hz
消費電力[VA] 200
寸法(WxHxD)[mm] ・測定部 : 3,500 x 380 x 300
・制御BOX : 350 x 140 x 200
重量[kg] ・測定部 : 140
・制御BOX : 4

関連記事

  1. ゴーストフレア評価システム GCS-2T

  2. フォーカス測定器 FD-30N

  3. ベストピントテスタ BPC-1000