TEL:042-646-1127
English
中文
総合カタログ
お問い合わせ
総合カタログ
TEL:042-646-1127

農業・アグリビジネス向け擬似太陽光照明紹介

【農業分野向け擬似太陽光LEDのご紹介】

実は、、、光学用途の評価用光源だけでなく、育苗や室内栽培など、農業用途での光源も弊社にあるんです。

今回は弊社の擬似太陽光LED【eclat(エクラ)】をご紹介させてください!

下部の方に擬似太陽光LEDについて記載してます。製品をすぐにご覧になりたい方は、点線内の記述を飛ばして下さい。

ここからカメラ評価と農業での光源需要について少し語ってます。ご興味ある方は読んで頂けると嬉しいです。↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

光学業界では、カメラの評価においてかなり精密な数値を求められます。それこそコンマ数パーセントの数値までお客様によっては求められることもあります。

例えば、面光源で言うと、輝度・照度、色温度、輝度ムラなどは光源のクオリティーを位置づける上で重要なファクターになります。この中でも輝度・照度と輝度ムラは、複数の光源を比較検討する際にも、その数値によって差別化されます。

また光源によって、分光(光の成分)が勿論異なるので、評価ごとにどういった光が必要かで光源の種類も変わってきます。例)蛍光灯、ハロゲン、キセノン、LED / 波長帯域:可視光 or 赤外光

対して、農業での光源は主に高圧ナトリウムランプが主流で、その他メタルハライドランプ、蛍光灯、LEDが仕様によっては使われる事もあります。各光源は一長一短があり一概にこれがベストとは言えません。

高圧ナトリウムランプは589nmというかなりピンポイントな単発発光をします。照射強度はとても強いですがその分放熱するため、植物に近づけて照射する事はできません。メタルハライドランプは紫外域に分光があり、植物育成に使うには分光を調整(カスタマイズ)する必要があります。高圧ナトリウムランプ同様、照射強度は強いですが、その分植物と距離を置く必要があります。蛍光灯は一番安価ではありますが、寿命が一番短く、一般的な蛍光灯に関しては分光が連続分布しています。植物育成に適した分光とは言い難く、前述の2種に比べると放熱がいくらか抑えられます。またCCFLに関しても、もともとディスプレイ用に作られた光源なので、植物育成に使用するには分光をカスタマイズする必要があります。下記表のLEDは一般的な白色LEDの特徴です。LEDは放熱が一番抑えられ、価格もメタルハライドランプより安価です。分光に関して、一般的な白色LEDは青色励起(ブルーライト)LEDと言われるもので、465nmに鋭くピークがあります。他の光源と同様に植物育成に適した分光にするためカスタマイズが推奨されます。

ちなみにですが、、LEDの寿命は40,000hと言われていますが、分光や演色性に関しては寿命より大分早く褪色・劣化してしまいます。弊社内での実験のもと、分光や演色性など出荷時の状態を保てるのはおよそ10,000~20,000h(保管・使用状況に寄ります)という結果が分かりました。そのため、弊社ではLEDの寿命は20,000hと仕様書にも明記しております。

どの光源も一長一短があり、育成の規模や植物の種類、施設の状況などで向き不向きが変わります。

光源 価格 放熱 分光 寿命
高圧ナトリウム 照射距離(長) 黄色の単発発光 24,000h
メタルハライド 照射距離(長) 紫外250-400nm 9000-16000h
蛍光灯 照射距離(中) 連続スペクトル 6000h
一般白色LED 照射距離(短) 青色励起 40,000h

また栽培に必要とされる光源の検討基準も異なります。

植物育成の光源を検討する際は、光合成を考えるときに使う光合成光量子束密度(PPFD値)が主に指標として使われます。PPFD値【mol/ m2・s】とは、光合成で使用する光の波長を一定の空間内に一定の時間で受ける光の粒の量を表す単位です。PPFD値は植物の光合成で吸収されているとされる400~700nmの光で感知・算出されます。また適切なPPFD値はどの程度かというのは、植物によって異なります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

弊社で製造・販売している擬似太陽光LED:eclat[エクラ]は紫励起のブロードな分光を有しています。太陽の分光に近似しており、主にカメラの評価では太陽光下(屋外)の再現に使用される光源です。

農業分野での需要も増えており、屋内育苗・植物育成での実績もあります。

【eclatの分光】                  【太陽光】

 

用途や仕様に合わせて、光源の形状や照度を合わせます。この擬似太陽光LEDをベースに、単発光も足すことで、育成環境のバリエーションを持たせることも可能です。

例)青色帯域(400~500nm)と赤色帯域(600~780nm)を足して、調光することで天候の良し悪しなどを再現

スポットライトタイプ:SOL-600-01T05

 

直管型LEDタイプ:TSLSシリーズ

 

面光源タイプ:VLBシリーズ(ビュワー光源)

インキュベーターや施設に合った光源の作成が可能です。まずはご相談頂ければと思います。

また、スポットライトタイプと直管型タイプでの擬似太陽光LEDデモ機の貸出しが可能です。

ご興味ありましたら、デモ機についてもお気軽にご相談下さい。

関連記事

  1. 【超薄型】薄さにこだわったLED光源【高輝度】

  2. 【販売開始】全てを見直してゼロから作った新型輝度箱

  3. 【技術全般】超広帯域の白色LEDランプ

  4. 【技術情報】TOFセンサ評価に関わる資料をまとめました。

  5. コントラストテスターのオーバーホール

  6. お持ちの透過チャートの適合表